無添加ドッグフードの選び方

ここ何年かの人の世界では、食品の偽装工作や薬物混入といった一大事が現れており、食への安全性がとても話題に上るようになりました。

その一方犬についても、2007年には中国産のドッグフードが原因となってアメリカ国内で大規模な健康被害のニュースがあり、犬用とは言えどもその安全を高めようと挑む活動が国内でも発生しました。
ワンちゃんでもヒトと同じくらい安心な物を食べさせようと想定したら、無添加ドッグフードから探し出してみることにします。

無添加ドッグフードを選択する注目点とは

一般的に考えて売られているドッグフードの中においては、費用面を最大視して安全を安易に考えている種類の食べ物も多いです。
賞味期間が1年から2年と極めて長めも存在しますが、人の食事として入れ換えて思えば、この長さはまるで即席ラーメンか何かのようです。

添加物の混ざっているペットフードには、普通だったらば人に向けた食事には利用できない、発ガン性物質として認知されるといったような添加物が使用されているのです。

サンプルとしてBHAといった抗酸化剤は、ガソリンの酸化を阻止するための化学物質ということで、発ガン性物質ですから食べ物向けのものじゃないのですが、ドッグフードに使用されている場合もあります。
エトキシンと言われている抗酸化剤は、「枯葉剤」という別名もあり、一時期は化学兵器として軍事に応用されたケースもある有害性の際立つものになります。

これら添加物というのは、食品衛生法により食事への活用は激しく規制されていますが、これは原則として人用の食品での話であり、ペットフードに対しては使用制限は存在しないのです。

ドッグフードに用いられている添加物はこの辺まできちんと掲示する必要性はないので、材料一覧表から判断してもどんな風な添加物が利用されているのか、きっちりと明確になっていないのが現状です。
一口に言うと安心できる食べ物を食べさせようと希望される場合は、無添加となっているのがチェックできるフードじゃないといけないのです。

安全なドッグフードを作り込むならばそこそこは労力をかけなければならず、我が国におきましてはどうしても入手できないのが現状です。
そういったドッグフードを見つけ出すケースだと、犬への健康志向が大きい日本以外で造られているドッグフードに的を絞って、無添加のタイプを見つけ出すことが不可欠になります。

そのような場合は料金も値上がりしていきますから、無茶ではない範囲内で選びましょう。

ですが無添加だとしてもも、ワンちゃんとして不味かったり、アレルギー反応を示すこともあり得ますし、先述した風の発ガン性物質も、犬の寿命の中においてはそれほど神経質にならなかったとしてもよい、といった意見もあります。