愛犬の元気にはドッグフード選択が肝心です!

愛犬にはいつまでたっても元気でいてほしい!飼主ならばどんな人でも思うことです。
犬の元気には、人と同じ食がすごく影響しています。
ドッグフードにも数百種別以上あり、クォリティーもピンからキリまで多種多様です。
飼主の皆さんはその中より、犬の身体によい、犬が味わうドッグフードを選べているのでしょうか?

コマーシャルでよく見られるから、ホームセンターでお手頃価格で売り出していたから・・・といった単純な理由でチョイスしていませんか?

同じ動物とは言え、人とは中身が違うので、人と同じものさしで考えてはいけないのです。
人にとっては悪影響がないものでも、犬たちためには病気におかされるケースもあるのです。
ですので、ドッグフードは、拘りを持ってセレクトしてあげることが重要になります。

こちらのサイトでは、愛犬が喜ぶドッグフードのきちんとした選びかたをご案内させていただきます!

健康に良いドッグフードを選ぶ3つのポイント

ドッグフードは下記の3つのポイントとなるところを押さえているタイプをチョイスしましょう。

  • 無添加(人工添加物不使用)
  • 新しい原料を利用している
  • 穀物類が扱われていない(グレインフリー)

それでは、おのおのついて念入りに解説します。

無添加(人工添加物不使用)

ドッグフードは100%無添加、人工添加物が含んでいない物を選択するようにしてください。
添加物には、犬の健康に害が生じる危ない成分がたくさん配合されています。
最も典型的な添加物とその危険性をお見せします。

・酸化防止剤

酸化防止剤とは、一言で言えば保存料のこと。わかりやすく言うと、ドッグフードを腐らせない、日持ちさせる為に必要なものになります。
酸化防止剤に含まれる成分は発ガン性をもつとされ、人の食事や農薬でも利用する事が厳禁となっています。
見分け方としては、包装に掲載された成分を見る事ももちろんですが、著しく賞味期間が長いタイプ(生産から2年以上)においては気を付けるようにしてください。

・着色料(発色剤)

着色料は、ドッグフードのごまかす為に用いられているのです。
往々にして缶詰などのウェットタイプやビーフジャーキーに含まれており、赤々とした、「お肉」みたいな色彩を再現することを狙ったものになります。
深刻な着色料として典型的な「亜硝酸ナトリウム」には、アレルギー症状を発症させたり、発がん性が見られます。

・甘味料

甘味料は、犬の食い付きが改善され、ドッグフードのかさをアップすることが可能で、なお一層リーズナブルだという、製造者に愛される添加物になります。
しかしながら、元来犬には糖分や塩分は必要もなく、ドッグフードに甘味料がたくさん盛り込まれていると、臓器へ悪影響を与えてしまいます。
それによって、臓器の機能が悪くなって、糖尿病やアレルギー症状、涙やけといった危険が付いてくるのです。

このように、人工添加物は犬の健康に害を及ぼしてしまうものしかありません。
ドッグフードを選択する時には、添加物を組み込んでいるかどうであるのかに注意して確認しましょう。

新鮮な原料を利用している

ドッグフードは、人がいただいても丁度いい新鮮な食材が使われている物をセレクトしましょう。
犬の不健康なドッグフードというのは、決まった法律で決められた規準数値を上回る大量の農薬が残存しており出荷できるわけがない野菜など、人に害のある廃棄用の材料が混ぜられています。
人が口にして害のあるということは、人より内臓機能が劣る犬達からしても問題ないだろうがない。
また、新鮮な原料を利用しているドッグフードは、犬たちの食らい付きも良いだろうので、添加剤など、害が見られるものでの加工の必要が無くなるワケです。

とはいえ、飼い主さんが試食するわけにもいかないでしょう。
ドッグフードに使用されているお肉や野菜といったものが新鮮かどうであるのか、人が摂っても問題ないものかは、製造元ホームページに記載されているので、確認すると良いでしょう。
原料に確固たるものがあるドッグフードであれば、例外無くホームページでデカく表記されています。

穀物類が扱われていない(グレインフリー)

乾燥系のドッグフードのほとんどに、コーン・小麦・大麦など穀物類がブレンドされています。
穀物は、犬としては消化することが困難なため栄養値が高くないというにもかかわらず、ドッグフードの音量やサイズを増えるために使用されます。
犬は肉食動物のため、穀物を食べてみるために必要な身体の構造となっていないです。
それ故、穀物が入ったドッグフードを食し続けると、消化が不十分になり、太り過ぎや糖尿病、低血糖症などの病に冒されやすく、どんどん、消化器異常や肌トラブルといったアレルギーが発生する可能性があります。
ですから、犬が食するものは、穀物不使用ということも不可欠なのです。

まとめ

このように愛犬のことを最も考えるのであれば、

  • 無添加(人工添加物不使用)
  • 新しい原料を利用している
  • 穀物類が扱われていない(グレインフリー)

といったドッグフード選びが重要でしょう。

これら3つの特徴を持ち合わせているのが、モグワンです。

モグワンの口コミを確認してみると分かると思いますが、本当に多くの愛犬家さんたちに使われている今とても人気のドッグフードです。

愛犬の健康を願うなら、以上のポイントとなるところにスポットライトをあて、ドッグフードをセレクトしてください。